更年期を快適に!症状を緩和する植物(ハーブ)一覧

このブログで紹介している「更年期向け植物」の一覧です。 クリックすると、サイトにとびます。 赤ブドウ アーティチョーク 亜麻 アルファルファ アンジェリカイチョウ ヴァレリアンウワウルシ エキナセア オーツ麦 カシス(クロスグリ・ブラックカラント) 樺(バーチ) カラルマ クミスクチン(ジャバ) クラリセージ グランド・カモミール ゴボウ サルサパリラ スギナ…

続きを読む

更年期向けの植物:ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

ヤロウは、ピンク色と白色の花が咲くキク科の植物で、砂地の乾燥した地域に生息します。 ヤロウの属名「アキレア」の由来は、ギリシャ神話の英雄「アキレス」で、アキレス腱を治すのに用いられたといわれ、すぐれた癒着効果があります。 ヤロウは、プロゲステロン様の植物で、重い月経、出血過多、子宮の痙攣による生理痛などの月経トラブルや更年期障害の症状を軽減する作用で知られています。 また、引き締め、鎮痛、…

続きを読む

更年期向けの植物:赤ブドウ

赤ブドウの木は、たくさんの小枝をつける蔓性の樹木。 ギザギザの切りこみがある緑色の葉は秋に紅葉します。 紫がかった色の花は非常に小さく、房になって咲き、ブドウの実をつけます。 ブドウの実にはフラボノイド、タンニン、ビタミンCが豊富です。 葉は、血液や体液の循環を促進する作用があり、血管のトラブル(静脈瘤、痔、浮腫…)を解消するといわれています。 血管を引き締め、老廃物を排出します。 …

続きを読む

更年期向けの植物:ワイルドヤム(ヤマノイモ)

ワイルドヤムは、中米の標高の高い地域に生息します。 800もの種類があり、植物性のさまざまなホルモンを含んでいるといわれています。 数種類にのみ、プロゲステロンになる前の成分と同じジオスゲニンが集中的に含まれています。 日本の山芋(長芋)にも同様の成分が含まれます。 中米では昔から、ワイルドヤムを子宮痛や月経痛の治療薬として使用してきました。 1936年に日本人の研究者たちが、山芋の根…

続きを読む

更年期向けの植物:セイヨウトチノキ

セイヨウトチノキは、英名でホースチェストナッツと呼ばれ、樹皮と実に薬効があり、フランスでは特に医薬品として使用されてきました。 オーツ麦同様、ホースチェストナッツは馬の飼料でしたが、19世紀にこの樹皮に解熱作用があることが証明されました。 実は、痔、足のむくみ、静脈瘤などの静脈のトラブルにすぐれた効果があります。 主要成分:フラボノイドのヘテロシド、プロアントシアニドール 作用:静脈の血…

続きを読む

更年期向けの植物:ネトル

更年期にエストロゲンが減少すると、骨密度が低下しやすくなります。 骨を丈夫にするハーブとしては、ネトルがあります。 ネトルは和名ではセイヨウイラウサと呼ばれる、イラクサ科の多年草です。 毛でおおわれた楕円形のギザギザの葉をもち、房になって黄色か緑色の花をつけます。 ネトルの毛にはヒスタミンとギ酸が含まれ、じんましんを引き起こすこともあります。 花や葉は薬草として用いられてきました。 …

続きを読む

更年期向けの植物:ホワイトウィロー

更年期にあらわれる関節痛やリュウマチをやわらげるといわれるハーブのひとつが、ホワイトウィローです。 ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は白くしなやかな木で、先のとがった葉と密集した花をつけます。 平地の湿った、水際の土地でよく育ちます。 ヤナギの樹皮は家具などに使われますが、太古の昔から、医薬品としても用いられてきました。 ホワイトウィローの樹皮には、さまざまな成分(フラボノイド、タンニ…

続きを読む

更年期向けの植物:ハマメリス

更年期でエストロゲンが減少すると、血行が悪くなり、足のむくみや静脈瘤に悩まされます。 こうした症状に適しているハーブが、ハマメリスです。 ハマメリスは北米が原産の植物で、アメリカマンサク、ウィッチヘーゼルとも呼ばれています。 高さは2~4メートルに達し、4枚の花びらからなる黄色い花をつけます。 ハマメリスの赤い葉はフラボノイドが豊富で、樹皮にも薬効があります。 ハマメリスには、血行を促…

続きを読む

更年期向けの植物:スギナ(ホーステール)

スギナ(ホーステール)はトクサ科の植物で、高さは20㎝ほど、葉は細く長く、花は咲きません。 珪素を非常に多く含み、乾燥スギナには重さの約8%含まれますが、その割合は、地質や時期によって異なり、珪素が最も多いのは春といわれています。 カルシウム、リン、マグネシウムといったミネラル、脂質、フラボノイド、タンニンも含みます。 骨の形成を助け、爪や髪、歯を強くする働きがあります。 利尿効果と殺菌…

続きを読む

更年期向けの植物:カシス(クロスグリ・ブラックカラント)

更年期の症状のひとつ、関節痛やリウマチをやわらげるハーブとしては、カシスがあります。 カシスは和名でクロスグリ、英語でブラックカラントと呼ばれています。 北部の国が原産のユキノシタ科の植物で、茎は毛でおおわれ、葉は非対称的につき、赤か緑の小さな花が房になって咲きます。 4月~6月に収穫される黒い実は美味で、ビタミンだけでなく、ミネラル類を豊富です。 また、葉はポリフェノールをたっぷり含ん…

続きを読む