新年の幸運引き寄せフランス菓子 ガレット・デ・ロワ

1月の第一週に食べるフランスのお菓子ガレット・デ・ロワ。アーモンドクリームをパイで包んで焼いたお菓子です。最近は日本でも知られるようになりましたね。キリスト教のお祝いエピファニー(公現祭)のお菓子で、フランスではクリスマスの2週間後の日曜日に食べます。小さな陶器の飾り物がクリームのなかにしのばせてあり、みんなで切り分け、陶器入りの一切れにあたった人が「王様」になる、というもの。フランスでガレット…

続きを読む

おしゃれでおいしい!ラスクで手作りクリスマスリース

このシーズン、「今年こそは素敵なクリスマス・リースを手作りしてみよう!」という気持ちになりますよね。 そこで、ラスクとドライフルーツ&ナッツで“食べられるクリスマス・リース”を作りました。 つるして飾るのには向きませんが、食卓を彩るデコレーションにどうぞ。 作り方は簡単です。 カンパーニュなど丸い大きなパンを薄切りにし、まんなかをくりぬきます。常温で柔らかくしたバターにグラ…

続きを読む

手作りココナッツミルク&オイルと搾った残りのおいしく活用法

最近流行っているアーモンドミルクやココナッツミルクなどの植物性ミルク。 手作りできるので、試してみました。 ココナッツファインでココナッツミルク作り。 容器にカップ3/4のココナッツファインとカップ1の水を入れ、12時間浸します。これを鍋に移し、5分煮立て、火を止めて30分そのままに。冷めたら、網で濾します。 ココナッツオイルの表面に浮かんでくるのは、ココナッツオイル。 ココナッツ…

続きを読む

リンゴのフランス伝統お菓子!タルトタタンが焼きあがりました

ここ数年、紅玉が旬の季節になると、タルトタタンを焼きます。 フランスのお菓子のなかで一番好きかも。 今年も焼き上がりました! タルトタタンは、日本でおなじみのアップルパイとは違い、リンゴを重ねて焼いているため、ジューシーな食感。 焼きリンゴ風な仕上がりです。 このタルトには、酸味があって果汁たっぷりの紅玉が適しています。 初秋の比較的短い期間にだけ出回るリンゴです。 私が参考に…

続きを読む

自家製アーモンドミルクと搾った残りで作るアーモンドおから煮

美容と健康にいいと評判のアーモンドミルク。 市販されていますが、アーモンドパウダーで手作りしてみました。 アーモンドミルクはモロッコでもよく知られた飲料で、モロッコ風の作り方はこちらで紹介しています。 このアーモンドミルクは牛乳を使っていますが、今回は水から作るレシピ。 アーモンドパウダー1.5カップと水500mlを沸騰させ、10分煮ます。冷めたら、濾します。これがけっこう大変。 私は…

続きを読む

日本酒とフランスチーズのおいしい出会い

先日、フランス人の友人が来日したときのこと。デパ地下をプラプラしていたら、チーズ売り場で「フランスから届いたばかりのコンテチーズです」とすすめられ、なぜか友人が買ってプレゼントしてくれました。その帰り、「家で日本酒でも飲もう」と酒屋へ。「ひやおろし」の棚で、「プルーンとナッツを思わせる味」という説明書きの日本酒を見つけ、友人は「これがいい!」と即断。「コンテチーズにも合いそうだね」と、フランスパ…

続きを読む