世界のみやげ:ポルトガル(ニワトリ、コルク、お菓子など)

ポルトガルで最も有名な土産物が、「バルセロスの雄鶏の伝説」のニワトリです。 その伝説とは、雄鶏が無実の男を助けたという話し。 聖地サンティアゴ・デ・コンポステラ(スペイン)へ巡礼の旅へ向かっていた男が、ポルトガル北部バルセロスで窃盗の罪に問われ、処刑されることになりました。 男は無実を訴えようと、裁判官の家に行きました。 ローストチキンを食べていた裁判官に、男は、「私は無実だ。その証とし…

続きを読む

世界のみやげ:イタリア(ピノキオ、サルデーニャの人形)

ピノキオの人形は、イタリアのどの土産屋でも見かけます。 ピノキオがイタリアの話しだったとは、最近まで知りませんでした。 私が買ったのは、ピサの塔の土産屋。 同じ土産屋では、ピノキオのレターセットも販売していて、こちらも可愛かったです。 手足が動くピノキオは、大小さまざま。これは手の平サイズで、一番小さいほうです。 素朴な表情は、何か訴えているようでもあり…。 それにつられて、つ…

続きを読む

世界のみやげ:チュニジア(陶器、らくだの水差し、灰皿)

チュニジアは一度だけ、ジェルバ島に行きました。 フランス系リゾートの合同マスコミ取材。パリからチャーター便で移動し、3日間滞在しました。 一年のうち344日は晴天だというジェルバ島。 でも、到着した日は雷雨で、翌日もどんより曇り空。 帰る日だけが爽やかな青空でした。 半日だけ、日本人4人ほどで車を手配し、ジェルバ島をぐるっと観光しました。 このポッとは、底の穴から水をいれ…

続きを読む

世界のみやげ:イギリス(ビッグベン・ダブルデッカー他)

ロンドンといえば、ビッグベン。 ビッグベンですぐ思い出すのは、中学の英語の教科書です。年齢がばれますが…。 その教科書の登場人物はベンとルーシー。 ベンが自己紹介する場面で、ロンドンのビッグベンを例に出していた記憶があるけれど、違ったかな。 実際にビッグベンを見たときは、それほど感動しませんでした。 時計台は札幌にもあるし……というわけではないのですが。 それでも、おのぼりさん感…

続きを読む

世界のみやげ・スコットランドのネッシー

ネッシーという生き物、最近は誰も話題にしなくなったような。。。 1991年にスコットランドを旅しました。 ネス湖近くの街ドラムナドロヒト(Drumnadrochit)に一泊。 かなり辺鄙なところにあるB&Bでしたが、これまでで最も感じ良かったです。 ネス湖に向かった日は朝から雨。 8時のイングリッシュ・ブレックファ- ストの後、B&Bのおじさんに「アッカート城(Urqu…

続きを読む

世界のみやげ・ブルガリア(ティーセット、バラの精油など)

ブルガリアには、仕事で一度だけ行きました。1996年のことです。 このカップは、首都ソフィアで購入。 カップ5客、ティーポット1つ、シュガーポット1つのセットで、たぶん500円ぐらいだったと思います。 あまりの安さに驚きました。 ただし、シュガーポットの蓋のサイズが違い、中途半端に空いたままですが。 残念ながら、カップは割ってしまって、2客しか残っていません。 波模様はブルガリア独特…

続きを読む

世界のみやげ・スペイン(マタドール人形、陶器など)

はじめてのスペイン旅行の際、マドリッドで買ったチビ人形(高さ5cm)です。 少し間の抜けたほのぼのとした表情が気に入りました。 プラド美術館のゴヤの絵画を彷彿させる、というのは大げさですね。 この旅行では、最後の日に闘牛を見学しました。 グラナダからバスに乗り、一日がかりで縦断してマドリッドへ。 闘牛場へ駆け込んだときにはすでに始まっていて、スペイン人は興奮状態。 ちょっと怖かっ…

続きを読む

世界のみやげ・ロシア(マトリョーシカ・壁飾り)

7年、レニングラード空港の免税店で購入したマトリョーシカです。 Made in USSR、ソ連製。いまとなってはお宝かも。 はじめてのヨーロッパ旅行(スペイン)の際、格安のアエロフロート航空を利用したのです。 当時のメモにはこんなことが書いてありました。 9月13日(日) 12時30分。飛行機は国際線なのにDC9ぐらいの大きさ。 「こんなので大丈夫なのかな?」と心をかすめたけ…

続きを読む

世界のみやげ:オランダ(チューリップ)・ベルギー(レース)

アムステルダムのスキポール空港で買ったチューリップの球根は、毎年かわいらしい花を咲かせます。 オランダで実際にチューリップが咲いているのを見たことはないのですが、きっと美しい風景なのでしょう。 アムステルダムは、正直なところ、それほど興味がある街ではなかったのですが、2度訪ねて、すっかり気に入ってしまいました。 外国人に対する態度があっさりしていて、違和感なく過ごすことができたのですが…

続きを読む