更年期の肌のトラブルを解消!老化を遅らせる自然派スキンケア

更年期の肌質の変化に適応し、肌の老化を遅らせるスキンケアです。

クレイ
クレイは花こう石の岩石が風化して生じた白色または淡黄色の天然粘土鉱物です。
脂肪分を含むため植物を栽培することはできませんが、ミネラルとオリゴエレメントが豊富で、医療および美容の分野で用いられます。
クレイは水分吸収力にすぐれ、皮膚表面の毒素を取り除く働き、傷を治す作用があります。
また、血液循環を活発にし、酸素交換を促進します。
さらに、筋肉痛といった痛みの緩和にも用いられ、クレイを水で溶き、湿布として患部に塗布します。

【ハーブ】

ボリジは“るりぢちゃ”とも呼ばれ、ムラサキ科の一年草で、オランダが原産といわれています。
ボリジは副腎皮質に働きかけて、アドレナリンの分泌を促すといわれています。
また、心肺機能の強化、うっ血の緩和、疲労回復といった働きもあります。
発汗作用でも知られ、風邪の時や頭痛などにも良く飲まれます。
ゴボウはキク科の二年草で、根が非常に強く、温暖な地域の森林に育ちます。
湿疹や乾癬のほか、黄色ブドウ球菌による元穴皮脂腺の炎症にも効果があります。
また、肝臓(胆汁分泌物質)や腎臓(利尿剤)に作用し、毒素の排泄も促進します。

イオウ
イオウは、タンパク質やアミノ酸の構成要素で、身体や毛髪、爪、軟骨といった組織をつくる重要な物質です。
イオウが含まれる食品を摂取することで、身体の中から肌を美しくします。
大根やニラ、玉ねぎなどにイオウが含まれています。
また、イオウには角質を軟らかくさせる作用があり、古い角質を取り除き、健やかな素肌を作ります。
さらに、殺菌および殺虫作用があり、軟膏や塗り薬に使われます。水虫や疥癬といった皮膚疾患に有効です。

亜鉛
亜鉛は活性酸素の増加を抑制する働きがあります。
亜鉛が不足すると、脳下垂体で作られる性ホルモンの分泌量が低下し、月経不順になりがちです。
食生活の乱れや無理なダイエットは、亜鉛不足の原因になるので注意しましょう。

セレン
セレンは抗酸化作用にすぐれ、甲状腺ホルモンの生理活性を高めます。
セレンが不足すると、月経周期の乱れが起こります。
パイナップル、シリアル、魚などに含まれます。


ビタミンA
ビタミンAは粘膜を正常に保つ働きがあります。
また、抗酸化作用にすぐれ、細胞の老化を防ぎます。

ビタミンB3(ナイアシン)
神経系に働く栄養素で、不足するとうつ状態をまねくといわれています。
カシス、黒すぐり、桑の実、ビルベリー、ビール酵母などに含まれます。

ビタミンB5
ビタミンB5はパントテン酸として知られ、体内ではコエンザイムAという補酵素の一部として働き、糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わっています。
パントテン酸は副腎の機能を刺激してストレスを防ぎ、善玉コレステロールを増やして心臓や血管の病気を予防します。
また、ナイアシンやビタミンB2と結びつき、脂肪酸などの合成と分解を促進して、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保ちます。
パントテン酸が不足すると、皮膚や毛髪につやながくなり、手足のしびれや疲労感といった症状を引き起こします。

ビタミンC(アスコルビン酸)
月経前と月経中の毛細血管を強化し、出血を減らす働きがあります。
かんきつ類、ほうれん草、パセリ、トマトなどに含まれています。1000mg以上摂取するのが理想です。
ビタミンEは、イライラや落ち込み、お腹のハリを軽減するといわれています。また、抗酸化力にすぐれ、老化を予防します。
ビタミンCといっしょにとるとより効果的です。
アーモンド、ウナギかば焼き、落花生、西洋カボチャ、サフラワー油、シリアル、小麦胚芽、大豆、乳製品、ほうれん草、アスパラガス、オリーブオイルなどに多く含まれています。

【注目の食材】

ビール酵母の50%を占めているのはタンパク質(アミノ酸)で、食物繊維が約30%、残りの20%はビタミン、ミネラル、核酸、システインペプチドといった成分です。
体の生理機能を整えるビタミンB群をはじめ、必須アミノ酸、カリウムやリンなどのミネラル、食物繊維などがバランス良く含まれています。
古代エジプト時代からビール酵母は強壮剤や下剤に加えて用いられ、古代ギリシャでは、ヒポクラテスが医療用に使っていたそうです。
栄養豊富なビール酵母は、疲労回復や免疫力の向上、血圧降下などの効果で知られています。
また、有効成分であるグルタチオンには抗酸化作用があり、老化を防ぐといわれています。
整腸作用も期待され、ダイエット食品としても注目されています。

天然素材のスキンケアは「モロッコ美容あれこれ」もご参考ください!