新年の幸運引き寄せフランス菓子 ガレット・デ・ロワ

1月の第一週に食べるフランスのお菓子ガレット・デ・ロワ。
アーモンドクリームをパイで包んで焼いたお菓子です。

最近は日本でも知られるようになりましたね。

キリスト教のお祝いエピファニー(公現祭)のお菓子で、フランスではクリスマスの2週間後の日曜日に食べます。

小さな陶器の飾り物がクリームのなかにしのばせてあり、みんなで切り分け、陶器入りの一切れにあたった人が「王様」になる、というもの。

フランスでガレット・デ・ロワを買うと、紙で作った金色の王冠をおまけにつけてくれます。

本来は陶器ではなく、「豆」を入れたので、ガレット・デ・ロワの飾り物を「フェーヴ(フランス語で”豆”の意味)」と呼びます。

陶器のフェーヴは人形だったり、サッカー選手のプレートだったり、いろいろ種類があって面白い。

はじめて食べたときはそんな風習は知らなくて、「また食べたい!」と買いに行ったときにはもう売っていなかった…。

ガレット・デ・ロワは季節限定で、1月に入るとパン屋に並び、1週間ほど消えてしまいます。

いっときガレット・デ・ロワにはまり、あちこちのパン屋さんでガレット・デ・ロワを買い、食べ比べたものでした。

フォーヴという陶製の小さな人形が入ったガレット・デ・ロワは少々高いのですが、それが入っていないひとり分サイズのものは、クロワッサンなどと同じぐらいの価格。

食べ比べたり、フェーヴを集めたり、冬の楽しみでした。

ガレット・デ・ロワは、市販のパイシートを使って簡単に手作りできます。
中身は、アーモンドパウダー、バター、卵を練り合わせたクリーム。

ぜひお試しを!
パリのパン屋に並ぶガレット・デ・ロワの味にできあがりますよ。

<材料>
アーモンドパウダー … 大さじ4
砂糖 … 大さじ4
バター … 大さじ2
卵 … 1個
冷凍パイシート … 2枚

<作り方>
  1. 中身のクリームを作ります。アーモンドパウダー、砂糖、バター、卵を鍋に入れ、弱火にかけ、混ぜ合わせます。
  2. 全体がよくなじんだら、火からおろします。
  3. パイシートを正方形にのばし、1枚めのパイシートの中心部にクリームをおきます。
  4. 2枚目のパイシートをかぶせ、丸く切って、ふちをしっかりとじます。
  5. 180℃で予熱したオーブンで20分ほど焼きます。

ガレットデロワ.jpg

(2014-01-22 14:30:44)


この記事へのトラックバック