2018年07月15日

パリのレストラン/La Truffière

La Truffière
ラ・トリュフィエール

フレンチ

フォーマル度★★★  観光客度★★☆

4, rue Blainville 75005 Paris Tel 01 46 33 29 82

<地下鉄>Place Monge

営業:12時〜14時 19時〜22時30 月曜休み

予算:ランチは24ユーロと28ユーロ、その他セットは38ユーロ〜

ムフタール通り周辺はレストランや専門店が密集しているエリア。
大衆的な店が多いなかで、高級食材のトリュフを堪能できるレストランがここ。
1984年オープンのトリュフ専門店で、オーナーはサンサール兄弟です。
フォアグラとトリュフを使ったフランス南西地方料理を作るのはアラン。そして、クリスチャンが完璧なサービスで料理を提供しています。
調味料に醤油やライチを取り入れるなど、新しい味への挑戦もしているそう。
17世紀の地下室を活用し、内装も一見の価値ありです。
晴れの日に出かけたいレストランといえます。

truffiere_02.jpg
truffiere_01.jpg

『安くておいしいパリ案内』 1996年 取材

(2017-03-24 08:46:21)

スポンサーリンク

posted by らくだ at 19:00 | パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のみやげ・スコットランドのネッシー

みやげ 03.jpg
ネッシーという生き物、最近は誰も話題にしなくなったような。。。

1991年にスコットランドを旅しました。
ネス湖近くの街ドラムナドロヒト(Drumnadrochit)に一泊。
かなり辺鄙なところにあるB&Bでしたが、これまでで最も感じ良かったです。
ネス湖に向かった日は朝から雨。
8時のイングリッシュ・ブレックファ− ストの後、B&Bのおじさんに「アッカート城(Urquhant castle)に行きたい」とタクシーを呼んでもらう。
「高かったらどうしよう」と少し不安になりながらも、朝8時50分ごろ出発し、すぐに到着。
9時前のアッカート城はとても静かでした。
神秘的な湖は、ただならぬ美しさ。

当時のメモには、「朝もやがかかったグレーブルーの水。まわりを囲む緑の山…。崩れかけた城。こんなシチュエ−ション! 信じられない。」とあります。
「ただただ、ボ−然と湖を眺めてしまう。湖を見ているだけで、穏やかな気持ちになれる。さわやかな気分。お天気が変わるたびに、少しずつ違う姿に変化する湖。ネッシ−が住んでいるって、信じられるような気がするな。この美しさを、いつまでも保って欲しい。やっぱり来てよかった。こんなにきれいだなんて、活字では、きれい、美しい、すごいしか表現できないのが、とても残念。他に気の利いた言葉が出てこないのかと、我ながら情けなくなる。それにしても、ほんとに美しい!! 」


ネス湖の周辺には店がなかったため、このネッシーのお土産は、グラスゴーかどこかで買ったのだと思います。
とぼけた顔がかわいい。


(2010-10-22 14:18:36)

スポンサーリンク

posted by らくだ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のみやげ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

更年期向けの植物:クラリセージ

セージはシソ科の植物で、楕円形で先のとがった葉をもち、白か紫の花をつけ、乾燥した暖かい場所に生息します。
セージは昔から、長寿を保証する植物といわれ、その名の由来は「salvia」、「救う」からきています。スパイシーな香りのセージの葉は、西洋で医薬品として用いられてきました。
セージは約500の種類があり、エストロゲンに似た作用で知られるのが、クラリセージです。
クラリセージは、更年期の諸症状を緩和し、特に、過剰発汗、のぼせ、寝汗を抑える効果もあるといわれています。女性の性欲を刺激する働きもあります。

主要成分:

ロズマリン酸、スクレオール、ウルソール酸、ステロール

作用:

強いエストロゲン様/卵巣機能の活発化/過剰発汗の抑制/神経の刺激/副腎皮質の刺激/抗酸化/自律神経システムのバランス調整/コラーゲン保護

適応症状:

性欲増強、不感症/発汗をともなうのぼせ/低エストロゲンによるあらゆる症状/更年期障害/歯茎の収縮、歯の喪失の危険がある顎の衰弱

(2016-12-06 08:28:34)

スポンサーリンク

posted by らくだ at 19:00 | 更年期を快適に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリの定食屋/Positano

Pizzza Positano
ポシターノ

イタリア

フォーマル度★☆☆  観光客度★☆☆

15, rue des Canettes 75006 Paris Tel 01 43 26 01 62

<地下鉄>Mabillon

営業:12時〜23時 無休

サンジェルマン大通りから奥に入った裏道にある、パリのピザ屋としてよく知られているお店。
リーズナブルで、気取らずに食事ができるピッツァリアです。
この周辺はレストランが密集していて、食事時はいつもにぎわっています。
自慢はナポリ風の本格的な竈焼きピザ。
約18種類のピザには、それぞれイタリアのサッカー選手の名前がついています。
その他、魚介類のサラダやパスタといったメニューも。
スタッフは陽気なイタリア人。
パリの憂鬱を忘れたいときにもおすすめな店です。

positano_02.jpg

『安くておいしいパリ案内』 1996年 取材

(2017-03-19 09:45:36)

スポンサーリンク

posted by らくだ at 07:00 | パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

アロマ生活:介護のためのアロマテラピー<腰痛>

介護では、つい無理な姿勢をしがちです。
肉体疲労も重なり、慢性の腰痛に苦しむ介護者は多いでしょう。
痛みを軽減するには、筋肉の緊張や関節の硬直をほぐす必要があります。
精油を用いて、しつこい腰痛から解放されましょう。
精油でマッサージする場合は、腰だけでなく、下半身全体をリラックスさせることが大切です。

<腰痛に効く精油>

カモミール・ローマン
ジュニパー
ペパーミント
ユーカリ
ラベンダー
レモングラス
レモンバーベナ
ローズマリー

<活用方法>
温湿布法:腰に湿布します
マッサージ:トリートメントオイルを腰につけてマッサージします
全身浴法:全身の疲れがとれます

(2017-01-09 08:58:27)

スポンサーリンク

posted by らくだ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする